staff blog
スタッフブログ
あいホーム大河原店・野呂ブログ『のろの ちょこっと 小話』
【野呂】念願の京都 ②のサムネイル
住宅アシスタント(大河原店)
野呂 夕奈
のろのちょこっと小話

(※累計287記事)

【野呂】念願の京都 ②

こんにちは!大河原店 野呂です(^^)/

今週あたりから、やっと気温が下がってきそうですね。

急な変化に体調など崩さないようにどうぞお気をつけください!




前回に引き続き、京都旅行の思い出を書いていきます。

2日目は朝早く起きて、早朝から神社仏閣巡りへ!

まずは下鴨神社へ行ってまいりました。

縁結びや美容のイメージが強い神社ですが、歴史は古く、起源を辿れば紀元前にまでさかのぼります。

平安時代には、国と首都京都(平安京)の守り神として特別な信仰を受けていたとか。

そこから、世界平和、五穀豊穣、殖産興業、厄除けまで、多方面なご利益があるとされています!

さすがですね…規模がすごい…! 神様を祀る東と西、それぞれのご本殿は国宝に指定されています。


🚌


下鴨神社からバスで少し、次に訪れたのは建仁寺というお寺です。

こちらは京都最古の禅寺ということで、建立から約800年が経っています!

見どころがありすぎる場所ですが、やはり…まずはこれでしょうか。


かの有名な俵屋宗達作、国宝『風神雷神図屏風』…の複製作品です。

複製と言っても、高精細複製という最新技術によるものなので、国宝の威厳たっぷり。

写真だと分かりにくいですが、背景の鈍い金色が風神雷神をより際立たせていました。。



建仁寺には他にも有名な美術品が数多くありますが、

今回これが見たくてここに来た!という作品があります。

それがこちら。


圧巻…!!

こちら2002年に創建800年を記念して作成された『双龍図』という水墨画の作品です。

縦11.4m 横15.7m、法堂の天井いっぱいに描かれた2匹の龍…すごいですよね。

龍は水の神とされることが多く、仏法の教えを雨のように降らすという例えから

古来より法堂(住職が説法を説く場所)の天井に描かれることが多かったそうです。

ほの暗く、少しひんやりとした空間に、圧倒的な双龍と存在感のある釈迦如来像…

たまたま観光客が途切れたタイミングがあり、一人だけでじっくり体感できて幸せでした!


思い出が多すぎて書ききれません(笑)

次回、2日目後半です(^^)/