kodawari

こだわりの標準仕様

「本当に安くていい家」を、宮城の皆様に提供したい

宮城に根差した住宅会社「あいホーム」として、安心・安全・快適にお住まいいただけるよう仕様や設備、構造にこだわり、家づくりを行っています。

※平屋専門店商品は仕様が異なります。平屋専門店ホームページをご覧ください。

地震への安心

独自の「間取り構造ルール」に基づきプランニングされた構造的に無理のない住宅を、全棟構造計算(※許容応力度計算)致します。

制振装置として、制振ダンパー『evlotz』を全商品で採用。耐震だけでは補えない性能をカバーします。

耐震ボード

地震の横揺れや台風の強い横風など、横からの力に対抗する「耐力壁」。あいホームでは、高強度・防耐火・高耐久性など多彩な特長を備えた耐震ボードDAIKEN「ダイライトMS」を標準採用しています。

直下率に基づいたプラン設計

グリッド構造による間取りプラン作成で、直下率に基づき、構造の安定とバランスを考慮した設計をおこなっています。

ベタ基礎構造

高強度の一体型鉄筋コンクリートで、布基礎に比べ、地震や不同沈下にも強く、優れた耐久性を誇ります。

建築基準法以上の配筋

基礎底盤では直径13mm・200mm間隔の配筋を使用。建築基準法の1.4倍以上となる強靭な鉄筋で住まいを支えます。

全棟地盤調査

全棟地盤調査を行っています。地盤調査費用はコミコミ価格に含まれているので安心です。(地盤改良の場合は別途費用が掛かります。)最大20年保証。

剛床工法・鋼製束

地震の時にはねじれを防ぎ、耐震性を高める剛床工法を採用。また、床を支える「束」の支持材に鋼製束を使用。圧縮九度は2t以上と安心のつよさで頑丈な構造を支えます。

夏も冬も安心

全棟で気密測定を行っています。気密性能を示すC値のあいホーム基準は「0.3」としています。
隙間を少なくすることで冷暖房を効率よく使うことができ、光熱費の削減にもつながります。
※実測により数値は変動します。

高い断熱性能を発揮する断熱材を構造用面材の内と外に使用するダブル断熱で、より効果的な断熱性能を発揮します。
(対象商品:極ZEHの家/全館空調の家)

安心はつづく

ノンフロンの硬質ウレタンフォームを対象物に吹き付ける断熱方法です。断熱性・気密性・吸音性に優れています。

高性能せっこうボード

住宅をはじめ、多くの建物で使われる内装下地材タイガーボードにハイクリン性能(ホルムアルデヒド吸収分解性能)を付加した「タイガーハイクリンボード」を使用しています。

木道軸組工法

構造材は含有率20%以下のしっかりと乾燥させた集成材・KD材(人工乾燥材)を使用しています。無垢材に比べ、割れやそり、ねじれが少なく、強度にすぐれています。

Joto基礎断熱工法

20mm厚のキソパッキンが確実に基礎と土台を絶縁。外部からの風をしっかりシャットアウトし、気密化を半永久的にサポートします。しろあり保証1000Joto基礎断熱工法もご用意。
(対象商品:全館空調の家)

キソパッキング工法

Jotoキソパッキング工法を採用。基礎と土台を絶影んし、湿気を効率よく輩出します。省エネ・耐久性向上・耐震安全性に優れ、土台の腐れとシロアリを寄せ付けにくい環境づくりに貢献します。

外壁通気工法

外壁材と構造躯体(柱)との間に通気同を設けています。結露を防ぎ、建物の劣化を軽減。気密性を維持しながら、壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。透湿性に優れた透湿防水シートを通気層内に施しています。

ヘッダー配管

床下に設置したヘッダーから各給排水栓まで途中で配管を分岐せず施工する工法。耐久性が高まり、メンテナンスも容易に行うことができます。

ダブルのシロアリ保証

Jotoキソパッキング工法と薬剤散布による防蟻施工。ダブルのシロアリ保証で安心のお住まいを提供します。10年保証。

アフターメンテナンス

2022年3月、63周年を迎えることを機に、アフター定期点検を20年に拡充いたしました。引渡し後、計9回の定期点検を実施いたします。