earthquake-resistance

耐震等級3

「耐震等級3」を標準化


あいホームでは2022年度より耐震等級3を標準採用しました。独自の「間取り構造ルール」に基づきプランニングされた構造的に無理のない住宅を提供します。

最高レベル「耐震等級3」を標準採用

防災拠点となる消防などの建物と同等の最高レベル「耐震等級3」。あいホームでは耐震等級3を標準化し、地震の多い宮城県でも安心してお住まいいただけるよう設計しています。

※耐震等級3には間取りの制約等が発生する場合があります。
※間取りにより、耐震等級3以下の等級となる場合があります。
※性能表示耐震等級3を取得するには別途申請費用が発生します。

佐藤実氏を外部顧問とし体制構築
安心・安全の構造をお約束

日本トップクラスの「木構造」指導をされている構造塾の佐藤実先生を外部顧問とし、より安心・安全な住宅をお届ける体制を構築しております。毎週のように、全国の志ある工務店仲間と住宅構造の安全性向上のため、切磋琢磨しております。

▼「震度7から守るために」その他コンテンツはこちら▼