staff blog
スタッフブログ
あいホーム仙台若林店・横山ブログ『漢道』
【横山】若林区沖野 物件のこだわり⑩のサムネイル
住宅アドバイザー(若林店)
横山 達也
漢道

(※累計140記事)

【横山】若林区沖野 物件のこだわり⑩

-若林区沖野のデザイン住宅-

☆断熱材編

家の性能を左右する断熱材。

家の外観や内装、質などの他に

断熱についても少しお話をさせていただきます。

■どんな断熱材が使われているかが重要

これまでの住宅の断熱材には「グラスウール」という素材が多く用いられていましたが

沖野のデザイン住宅をはじめ、あいホームでは

「発泡ウレタン吹付断熱」を採用しています。

■発泡ウレタン吹付断熱とは

通称、「マシュマロ断熱の家」とも呼びます。

空気を多く含んだ泡を柱などに接着させ、

家全体を包み込む施工です。

■光熱費が安くなる

柱などに隙間なく断熱材を吹き付けるので、

外気との無駄な熱交換をなくし

温度差の少ない環境を生み出します。

結果、冷暖房の効率が良くなるため、

冷暖房費が安くなります。

■劣化しにくく、長持ち

多くの方は35年の住宅ローンを組み、

それと同じか、それ以上の年数を購入した住宅で過ごされることと思います。

「発泡ウレタン吹付断熱」は長期にわたり、

剥がれてしまったり、隙間ができることはありません。

断熱材は少しでも隙間ができてしまうと

断熱の効果を大きく損なってしまうため

重要なポイントです。

■家の中がとても静かになる

断熱材を柱などに接着することにより、

家が高気密の状態になります。

気密が高いと、外部からの騒音をかなり抑えることができます。

外の音が気にならないことも、快適に暮らす上で重要なポイントです。

沖野のデザイン住宅情報はこちら

お問い合わせはこちら

あいホーム/宮城県/新築/マイホーム/建売/仙台市/若林区/沖野/一戸建て/デザイン